オハナデンタルクリニック|成増の歯科、歯科医院|子供が大好きな歯医者さん|一般歯科、小児歯科、予防歯科、口腔外科、インプラント

●歯周病●インプラント●予防歯科●ホワイトニング●MI治療●麻酔注射について●ファイバーコア

■歯周病について

歯周病とは「歯槽のうろう」とも言い歯と歯ぐきの間についたばい菌によって、歯ぐきが腫れたりやがては歯を支える骨が やせてきて、ひどい時には歯がまとめて抜け落ちてしまう、怖い病気です。 歯周病の直接の原因はばい菌なのですが、糖尿病、タバコ、不規則な生活、ストレスなどがあるとさらに悪化します。 これはそういった事によってばい菌に抵抗する体の力(免疫力)が落ちてしまうからです。だから最近では歯周病を 生活習慣病としてとらえる事も多くなってきました。

■歯周病の治療法

歯周病の治療は、虫歯などの治療と違い、歯医者さんが一方的に治してそれで終わり、ではありません。一度歯ぐきをよい状態に治したら、またもとの状態に戻らないよう、きちんとお手入れする必要があります。そのためには、患者さん自身に歯ぐきの状態を分かってもらい、お手入れの方法を知ってもらわねばなりません。
そのために、当院では患者さん一人一人に専門の歯科衛生士が担当し、その方に合ったお手入れをアドバイスします。こうする事で、その時だけ歯槽のうろうを改善するだけでなく、今後も悪くならないようにできるのです。
歯槽のうろうの治療では、具体的には次のようなことをします。

■あなたの歯ぐきは大丈夫?

鏡で自分の歯を見てみてください
少し腫れぼったいのが分かりますか?いわゆる歯周病です。
スケーリング後、すきまが開きましたが細菌もなく、健康な歯になりました。
左の状態をほうっておくと歯がグラグラになって、そのうち抜けてしまうことも・・・。
定期的にスケーリングをしていつまでも健康なお口を目指しましょう!!

●歯ぐきの検査

歯ぐきがどういった状態になっているか調べる検査でほとんどの場合、歯周病の治療はここから始まります。
具体的には、 歯と歯ぐきのすき間(歯周ポケット)の深さや、その時の出血の有無、プラークや歯石の有無、歯のグラグラがあるかどうか 等を調べます。

●スケーリング・ルートプレーニング

みなさんも知っているとおり歯石をとる治療のことです。歯石事体には害はないことはご存知でしたか?歯石は細菌の死骸。 ただ表面に軽石のようにボロボロした穴があいているのでプラーク(細菌のかたまり)の足場になってしまうのです。
細菌は酸素が嫌いなので、奥の方奥の方へとすすむ習性があります。だからこそ早めにとってあげなくてはならないのです! そしてとっただけでは歯の表面がざらついて余計汚れがつきやすくなってしまうので最後に表面をつるつるに磨いて 汚れを付きにくい状態に仕上げます。これがルートプレーニングです。今はほとんど痛みを感じなくクリーニングできるように なってますので、昔すごく痛い思いをした方でも安心してお受けできますよ!

■歯周病とその進行について知ろう!

オハナデンタルクリニック

〒175-0094 東京都板橋区成増3-23-14 メイユール1F TEL:03-3977-8819

(C) OHANA DENTAL CLINIC all right reserved